So-net無料ブログ作成

EDとは(2) [EDとは]

■ EDとは(2)


どんな病気もそうですが、EDには定義があります。

・十分な勃起が得られないか、又は維持出来ないため、満足な性行為が出来ない
・上記の状態が、少なくとも3か月以上持続すること

ただし、外傷や手術などの物理的要因がある場合には、3か月をまたなくてもED診断が下されることがあります。思い当たることはないでしょうか。一時の勃起失敗くらいは、よくおこる事です。ただしそれが長期に渡ったとき、EDという現実が突きつけられるのです。


さて、前回、言葉だけ登場した「中折れ」についてお話しましょう。

中折れとは、性行為のさいに勃起可能なEDです。しっかりと勃起するので挿入はできるのですが、行為のさ中、少しずつ萎えていくというもの。年齢的には。41~43歳あたりから増え始め、50歳になる男性の6割以上が経験するというEDです。

とりあえず、挿入から射精まで行き着きます。そのために「EDの自覚が本人にない」ことが問題になります。もしくは、多少の自覚はあるものの「認めたくはない」という気持ちが現実の直視を避けさせてます。男性のプライドというのでしょうか、そういうのが邪魔をしてしまうことで、対処が遅れてしまうことが多いのも特徴のひとつです。

この中折れ型EDの直接的原因は、身体的原因による器質性のものです。
ですが、心因性EDの原因となってしまうことも少なくありません。

SEXがうまくいかないことがあると、

 「次も中折れしてしまったらどうしよう」

心理的負担になり、精神的にもEDになってしまうのです。このタイプの人は、繊細な男性に多くみられます。


・原因

「中折れ」と呼ばれるこの現象は、どのようにして起こるのでしょう。
ペニスの勃起のメカニズムを簡単に言うと、海綿体に血液が流れ込みつつ、流れ出さないことによって実現するのです。

男性が性的刺激を受けると、脳が命令をだします。ペニスにある血管「陰茎動脈」を緩めるのです。これにより、血液が大量にペニスに流れ込んで勃起します。同時に、ペニスに流れ込んだ血液は陰茎静脈から流出できないようになります。こうして、勃起を維持してるのです。


男性が性的に興奮すると、海綿体へ血液が流れ込む入り口を「開ける」シャッターと、海綿体から血液が流れ出す出口を「閉じる」シャッターが両方とも機能することで、勃起が維持されているのです。

ところが年をとると、血液の流入を促している「シャッターを開ける」体内物質の量が減っていきます。そのため、一度萎えると、再び勃起しないというようなことになるのです。

若い頃ならば、ほんの少しの性的刺激で興奮が戻りました。でも40歳をすぎると身体がついてこない。興奮はするのですが維持し続けることはなかなか難しいのです。

こうしたさまざまな原因が絡み合って、「勃起はするがその維持が困難になってしまう」のが 中折れ なのです。

タグ:EDとは
nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

EDとは [EDとは]

■ EDとは


ED とは「勃起機能の低下」のこと。英語の「Erectile Dysfunction」を略してEDと呼んでます。

最近なんとなく勃ちが悪い、セックス中に中折れしてしまう。
こんな症状が「勃起障害」なのですが、自分の中で、勃起の障害とはなかなか認めたくないもの。また、お酒の席でそっちの話題になったとき、「勃起がなぁ」とはいいにくいですよね。

その点「ED」という略語はすっきりわかりやすいです。世の中に浸透しているかといえば、やや微妙なところも使いやすさで優れてます。


ED。
日本では「勃起障害」「勃起不全」と訳されることになってますが、こではまったく勃起が起こらないケースに限らったものではありません。

起つことは起つけれど、硬さや不十分でも、固い時間が長持ちしないこともEDです。それやこれやを含めて、、「満足な性交がおこなえない状態」と定義されているのがEDなのです。じっさい、ED で一番多い症状は、俗に言われる「中折れ」や「途中で萎えてしまう」というのが圧倒的です。「起つ!」という意思に反して勃起するのに時間がかかったり、勃起したとしても射精する前に萎えてしまったりする。そうしたことも ED の中にはいるのです。

「 意思とは裏腹に機能が追い付かず、満足に性行為を行えないこと 」

そういわれれば、ひょっとして自分も ED かも。心当たりのある人はかなりの数に登るのではないでしょうか。
日本では成人男性の4人に1人が、『ときどき性行為が出来ない』中等度以上の ED 症状を抱えているとされています。

しかし、日本国内での ED の認知度はまだまだ低のが現実です。EDという言葉は知っていても自分がそうだとは思っていないのです。「性行為は出来るが硬さが十分でない」といった軽度の ED も含めてしまうとその推定数は1,800万人まで急増するともいいます。これが本当なら、3人に1人がなんらかの ED 症状を抱えているという怖い計算となります。

とくに、割合は増えるのは40歳以上。さらに、60歳以上になると、2人に1人が ED を自覚している可能性があります。


共通テーマ:恋愛・結婚

アルコールが及ぼす勃起の害 [EDの原因]

■ アルコールが及ぼす勃起の害


酒は百薬の長といいます。
適度なアルコールは、血行を促し、体内の良好な血流をもたらします。
一時的でああるものの血の巡りが改善することによって、血行不良による障害が一掃されるのです。日々のストレス解消にも繋がりますし、勃起効果もあります。

ただし、アルコールとの付き合い方は個人差が大きいということも、よく知られるところ。少しの量でめまいを覚える人にとっては害にしかなりせんし、適量を越えた飲酒は、心身を壊す元凶になりかねません。

お酒が問題なのは、浴びるほど飲んでいる場合。過度な血圧上昇を招き、動脈硬化を促進といった生活習慣病に結びつきますし、それはなによりもEDに直結します。


・飲酒で勃たなくなる原因

アルコールの効果は血行アップだけではありません。中枢神経系を抑制するようにも働きます。気持ちをリラックスさせてくれますし、仲間との会話も弾むメリットがあります。しかしメリットの裏にはデメリットが隠れてます。中枢神経がマヒするということは、勃起中枢もマヒしてしまいます。飲んだあとに勃たないことがあるのはこのせいです。大量に飲むと勃起の機能が妨げられてしまってるのです。

ここにもうひとつ問題があります。

深酒によって肝機能障害になってしまうと、EDの薬が使えなくなります。バイアグラやレビトラといったED治療薬を服用できなくなってしまうのです。これらの薬は、肝臓で代謝されることで効用を発揮します。ところが肝臓の機能が低下していると、代謝ができなくなって、効果が現れなくなるのです。

日々の安息にアルコールは欠かせません。大好きなお酒を止めるのは、言うのは簡単ですが思いのほか困難です。しかし「そのうちに」と言ってるうちに手遅れになってしまう危険は避けましょう。下半身に悩みを抱えているのなら、まずは飲酒量を抑えることです。


・お酒のチカラの影響力

さて、これまで言ってきたとおり。というか、わざわざ言うまでも無く、飲酒と勃起には切手も切れない大きな関係があります。よくも悪くも影響があるのでセックスに、プラスにもマイナスにも働きます。このプラス部分だけを上手く利用すれば、誰にとっても嬉ばしい結果に導いてくれるはずです。お酒が、セックスの媚薬となることは間違いのない事実ですから。

問題となるのは飲酒の量です。有益であるはずのアルコールが、飲みすぎることによって負の要因へ変貌変してしまいます。

 飲みすぎによるデメリット

  勃起中枢がマヒ
    ↓
  勃起しにくくなる
    ↓
  焦ることでプレッシャーに
    ↓
  勃起不全に


そこまでいかないまでも、快感を司る神経もマヒしてしまうことがあります。そのために、射精ができなくなることが、自信をなくす原因につながるケースもあります。お酒は、量と飲み方に注意が必要ということです。


■ 適量な飲酒量とは?

これは答えが決まってます。ある動物実験において、体重1kgあたり0.5ccのアルコール量がもっともセックスに良い影響を与えることがわかっているのです。これを人間に置き換えると、体重60kgの男性なら、ビール1本程度、日本酒なら1合程度が適量という計算になります。この量を越えた飲酒は、悪い影響を及ぼしてしまいます。

酒飲みにとっては少ない酒量でしょうが、「足りない!」と思ったこと自体、普段から飲みすぎているいる証拠だといえそうです。

タグ:ED

共通テーマ:恋愛・結婚

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。