So-net無料ブログ作成

EDとは [EDとは]

■ EDとは


ED とは「勃起機能の低下」のこと。英語の「Erectile Dysfunction」を略してEDと呼んでます。

最近なんとなく勃ちが悪い、セックス中に中折れしてしまう。
こんな症状が「勃起障害」なのですが、自分の中で、勃起の障害とはなかなか認めたくないもの。また、お酒の席でそっちの話題になったとき、「勃起がなぁ」とはいいにくいですよね。

その点「ED」という略語はすっきりわかりやすいです。世の中に浸透しているかといえば、やや微妙なところも使いやすさで優れてます。


ED。
日本では「勃起障害」「勃起不全」と訳されることになってますが、こではまったく勃起が起こらないケースに限らったものではありません。

起つことは起つけれど、硬さや不十分でも、固い時間が長持ちしないこともEDです。それやこれやを含めて、、「満足な性交がおこなえない状態」と定義されているのがEDなのです。じっさい、ED で一番多い症状は、俗に言われる「中折れ」や「途中で萎えてしまう」というのが圧倒的です。「起つ!」という意思に反して勃起するのに時間がかかったり、勃起したとしても射精する前に萎えてしまったりする。そうしたことも ED の中にはいるのです。

「 意思とは裏腹に機能が追い付かず、満足に性行為を行えないこと 」

そういわれれば、ひょっとして自分も ED かも。心当たりのある人はかなりの数に登るのではないでしょうか。
日本では成人男性の4人に1人が、『ときどき性行為が出来ない』中等度以上の ED 症状を抱えているとされています。

しかし、日本国内での ED の認知度はまだまだ低のが現実です。EDという言葉は知っていても自分がそうだとは思っていないのです。「性行為は出来るが硬さが十分でない」といった軽度の ED も含めてしまうとその推定数は1,800万人まで急増するともいいます。これが本当なら、3人に1人がなんらかの ED 症状を抱えているという怖い計算となります。

とくに、割合は増えるのは40歳以上。さらに、60歳以上になると、2人に1人が ED を自覚している可能性があります。


共通テーマ:恋愛・結婚