So-net無料ブログ作成
治す方法とは ブログトップ

難しい原因と、各治療について [治す方法とは]

■ 難しい原因と、各治療について


EDになってしまうのには、いくつかの原因があるといいました。

1 血管や神経の傷害(器質性 ED)
2 精神的なストレス(心因性 ED)
3 特定の薬による影響(薬剤性 ED)

よくるのは、この3つですが、実際のところは「これが原因だ」と断定するのは難しいといわれてます。
器質性・心因性・薬剤性の、三つが複合して起こることも多くあって、医者にとっても判断に迷う展開がしばしばおこります。加齢による動脈硬化があり、病気で処方された降圧剤の副作用、そこに、たまりにたまった仕事での疲れやストレスなどが加わります。

複数の要因が複合して絡んでいることが見受けらことも多く、ひとつ、または二つに絞ることが難しくなるのです。このような、複数の原因によるEDのことは「複合型 ED」と呼びます。治療に関しては、いずれの要因の場合であっても、ED治療薬(バイアグラなど)は有効とされてます。

とはいえこうなると、個人個人の治療条件が異なってくるのも事実です。情報を漁って思い当たることを試すのは、かえって危険なので、あきらめて病院へ行くのが正しいと行動です。


・EDの治療

上でも触れましたが、病院へいってまず試すことになるのは、ED 薬の服用でしょうか。バイアグラが登場したせいかどうか、ED治療薬を服用して、その効果を判定するというのが、近年における治療の主流となっています。ほかに特定の手術や疾患を抱えてないのであば、ほとんどの場合、ED治療薬の内服で大きな改善が見られるでしょう。

ED治療薬は、陰茎の血管を拡張して、血液の循環を良くするという作用があります。
日本においては、バイアグラのほか、レビトラ、シアリスの3種類の治療薬が販売されています。


生活習慣病やうつ病などがあるならなおのこと、これ以上EDを進行させないよう、原因に応じた対策をとっていくことが肝心といえます。よくある、糖尿病や高血圧などの生活習慣病による器質性ED の場合は、生活習慣の見直しや治療薬で、血糖値や血圧を正常に保ち続けることも大切となるでしょう。

「心因性ED」では、薬だけでなく、カウンセリング、パートナーとの信頼関係の構築も重要な治療です。

「薬剤性ED」で、ED治療薬を併用しても十分な効果が得られない場合、常用の薬を見直すことも考慮します。


共通テーマ:恋愛・結婚
治す方法とは ブログトップ