So-net無料ブログ作成
検索選択
EDの原因 ブログトップ

EDになってしまう原因 1 [EDの原因]

■ EDになってしまう原因 1


EDには原因があります。「起たなくなった」と漠然に愕然するのはやめて、そうなった原因を確かめましょう。
前回、おおきく3つの原因があるといいました。今回はそのうち「器質性 ED」について触れていきたいと思います。

器質性EDは、「血管や神経の傷害」が原因となって勃起しなくなる現象で、とくに中高年からの ED に多いEDといわれます。

器質性 ED は神経に障害がおこったり、血管の動脈硬化が進行してしまうことで起きてしまう ED のをいいます。「動脈硬化」というと糖尿病や狭心症を思い浮かべる人も多いでしょう。命にかかわる大きな病気の兆しともうけとれる、恐い疾患と思われがちですが、じつは多少なりとも誰にでも起こっていることなのです。

30歳を過ぎたころから、加齢と共に血管も老化してきます。弾力性が徐々に低下することが「動脈硬化」です。動脈硬化になると血管が十分に拡がらず、血の巡りが悪くなり、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まなくなります。じわりとED症状を自覚してくる方が出始めるのが30歳あたりからなのです。


すこし触れましたが、糖尿病の方は特に要注意です。
高血圧や高脂質症といった。生活習慣病にならない工夫が大切です。生活習慣病になってしまうと血管により多くの負担をかけてしまいます。それが原因となり動脈硬化の進行をより活発にしてしまうことも考えられます。

喫煙や過度の飲酒にも同様の危険性があります。もしも「 ED気味かも」と思うことがあるようなら、今日までの生活スタイルを振り返ってみましょう。悪習を見直して、できる範囲の生活習慣から変えていきましょう。


正常に勃起をするためには、神経の伝達がスムーズであることも重要です。
神経には、脳を含む中枢神経、脳と末梢をつなぐ脊髄神経、身体全体につながる末梢神経、があります。性的刺激を受けると、これら神経を通して「勃起せよ」と陰茎へ命令がくだります。しかし、神経に障害を受けているとそれが上手くいきません。せっかくの命令がうまく陰茎まで伝わらないので、EDとなってしまうのです。

神経系に異常をおこす可能性があるのは、病気による内的な要因と、外傷を起因とする原因があります。


内的要因
 糖尿病性神経症
 パーキンソン病
  ほか

外傷が原因
 脳出血や不慮の事故による脊髄の損傷
 前立腺肥大や前立腺がんの手術
  ほか


外傷の場合は、なんらかの圧力や障害または手術によって、外部からの力で神経を傷つけてしまうというケースです。不慮の事故は避けるのが難しいですが、糖尿病などは自己管理で避けることが可能です。EDにならないよう、食事や飲酒喫煙に注意して運動で身体を動かすことが大切です。


共通テーマ:恋愛・結婚

アルコールが及ぼす勃起の害 [EDの原因]

■ アルコールが及ぼす勃起の害


酒は百薬の長といいます。
適度なアルコールは、血行を促し、体内の良好な血流をもたらします。
一時的でああるものの血の巡りが改善することによって、血行不良による障害が一掃されるのです。日々のストレス解消にも繋がりますし、勃起効果もあります。

ただし、アルコールとの付き合い方は個人差が大きいということも、よく知られるところ。少しの量でめまいを覚える人にとっては害にしかなりせんし、適量を越えた飲酒は、心身を壊す元凶になりかねません。

お酒が問題なのは、浴びるほど飲んでいる場合。過度な血圧上昇を招き、動脈硬化を促進といった生活習慣病に結びつきますし、それはなによりもEDに直結します。


・飲酒で勃たなくなる原因

アルコールの効果は血行アップだけではありません。中枢神経系を抑制するようにも働きます。気持ちをリラックスさせてくれますし、仲間との会話も弾むメリットがあります。しかしメリットの裏にはデメリットが隠れてます。中枢神経がマヒするということは、勃起中枢もマヒしてしまいます。飲んだあとに勃たないことがあるのはこのせいです。大量に飲むと勃起の機能が妨げられてしまってるのです。

ここにもうひとつ問題があります。

深酒によって肝機能障害になってしまうと、EDの薬が使えなくなります。バイアグラやレビトラといったED治療薬を服用できなくなってしまうのです。これらの薬は、肝臓で代謝されることで効用を発揮します。ところが肝臓の機能が低下していると、代謝ができなくなって、効果が現れなくなるのです。

日々の安息にアルコールは欠かせません。大好きなお酒を止めるのは、言うのは簡単ですが思いのほか困難です。しかし「そのうちに」と言ってるうちに手遅れになってしまう危険は避けましょう。下半身に悩みを抱えているのなら、まずは飲酒量を抑えることです。


・お酒のチカラの影響力

さて、これまで言ってきたとおり。というか、わざわざ言うまでも無く、飲酒と勃起には切手も切れない大きな関係があります。よくも悪くも影響があるのでセックスに、プラスにもマイナスにも働きます。このプラス部分だけを上手く利用すれば、誰にとっても嬉ばしい結果に導いてくれるはずです。お酒が、セックスの媚薬となることは間違いのない事実ですから。

問題となるのは飲酒の量です。有益であるはずのアルコールが、飲みすぎることによって負の要因へ変貌変してしまいます。

 飲みすぎによるデメリット

  勃起中枢がマヒ
    ↓
  勃起しにくくなる
    ↓
  焦ることでプレッシャーに
    ↓
  勃起不全に


そこまでいかないまでも、快感を司る神経もマヒしてしまうことがあります。そのために、射精ができなくなることが、自信をなくす原因につながるケースもあります。お酒は、量と飲み方に注意が必要ということです。


■ 適量な飲酒量とは?

これは答えが決まってます。ある動物実験において、体重1kgあたり0.5ccのアルコール量がもっともセックスに良い影響を与えることがわかっているのです。これを人間に置き換えると、体重60kgの男性なら、ビール1本程度、日本酒なら1合程度が適量という計算になります。この量を越えた飲酒は、悪い影響を及ぼしてしまいます。

酒飲みにとっては少ない酒量でしょうが、「足りない!」と思ったこと自体、普段から飲みすぎているいる証拠だといえそうです。

タグ:ED

共通テーマ:恋愛・結婚

朝立ちとEDとの関係 2 [EDの原因]

■ 朝立ちとEDとの関係 2


夜間の勃起はなぜおこる?

男性器が勃起するメカニズムは、「EDになってしまう原因」の中でなんどもお話しました。

かいつまんで言いますね。

 性的刺激を受けると、脳の命令によって、ペニスの血管「陰茎動脈」が緩まり血液が大量にペニスに流れ込みます。こうして勃起したところで、今度は、陰茎静脈から血液が流出できないようし、勃起を維持します。

さて、勃起は起きているときだけにおこるとは限りません。寝ている時間にも、男性器は勃起するのです。それがおこる時間帯がレム睡眠。

人の睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。レム睡眠は、夢を見やすい睡眠と言われておりますが、この睡眠中に陰茎が勃起するのが、夜間勃起現象です。詳しい機序は不明とされます。

高齢になれば、ノンレム睡眠時にも生じると言われてますが、夜間勃起のほとんどは、睡眠中のレム期に同調して発生します。いずれにしても、正常な身体に発生する生理現象の一つ。夜ふと目覚めたら、陰茎が怒張していたという経験は、男性なら誰もが経験するところです。あらたまった性的刺激は必要ありません。エッチな夢を見ていた等関係なく、レム睡眠に一致して生じます。

このレム睡眠の間は、夢を見ることが多いといわれます。生理的勃起と性的な夢がクロスオーバーすると、夢精することがあります。これを「夜間遺精」といいます。

ところで、一晩あたりに勃起する回数は年令でも変わります。
たとえば青年期男性であれば、およそ90分程度の周期でおこります。1夜で3~6回くらい、1回あたりの時間は数十分程度といいます。個人的な経験からいえば、無意識の勃起のほうが、時間が長いきがしますね。


・朝立ち(朝勃ち)

男性の朝立ちも、夜間勃起と同様のメカニズムでおこると考えられます。
レム睡眠は、朝方にかけて延長していくものということから、レム睡眠の状態から眼を覚ますのが普通です。このときに勃起している状態を「朝立ち」というわかです。

そういうことなので、ノンレム睡眠から起床した場合には、朝立ちは認められません。
毎朝、必ず朝立ちがある保障はありません。しばらく朝立ちがないからといって、EDとは限りません。夜間勃起現象が、起きる前に終わってしまっていることもよくあります。いちいちの心配は不要です。

ちなみに、男性のペニスにあたる「女性のクリトリス」にも同じ理由で、朝立ち・朝勃ちがおこります。男性同様に、性的な興奮とは無関係です。



朝立ちがないからEDとは限らないといいましたが、逆説的に、この朝立ち(朝勃ち)が、EDの診断に役立つ場合もあります。

EDのメカニズムはいくつかありますが、陰茎海綿体・その血管・支配神経が障害を受ければ、朝立ち・朝勃ちが難しくなります。しかし、ユニークなことに、ED中であっても「器質性ED」だけは朝立ちち起こすことがあります。逆にいえば、朝立ち・朝勃ちがあるうちは「器質性ED」の可能性はゼロといえるのです。

「器質性ED」とは、「血管や神経の傷害」が原因となる中高年からこりやすいEDです。
年令や病気が原因なので、起きても寝ても、起たないものは起ちません。

寝ているときに勃起するというこは、精神的な負担から開放されている時間は、EDじゃなくなるということ。
眼が覚めているときに勃起しない場合のEDは、「心因性」ではないかと考えられるのです。




ここまで ↓ 別サイトからの記事
------------------

■ 朝立ちとEDとの関係

朝立ちがないのは、EDの兆候?

朝立ちは、ばっちりなのに、夜の行為はダメになる。
これは、いったいどういうことなのでしょうか?

前回の話の繰り返しになりますが、朝立ちと、性行為とEDについて、もう一度考えてみたいと思います。

朝目覚めた時、ペニスが元気に勃ってる「朝立ち」。これ、男なら誰もが経験している生理現象です。ギンギンに屹立した勇姿に「今日も元気だ。今夜は思いきり」と、夜への期待も朝立ち並みに膨らみます。

でもいざ夜を迎えてみると、うまくいかずに焦った経験はないでしょうか。

  「勃たない…なぜだ?」


■ 朝立ちとHな勃起は違う

そもそも「朝立ち」というのは、朝目覚めたときに陰茎が勃起している状態です。これといった性的刺激を受けたわけでもないのに、自然に勃起するのが朝立ちです。

これについては、前回説明してますね。

私たちの睡眠は浅い「レム睡眠」と深い「ノンレム睡眠」が繰り返して替わります。レムとノンレムが行ったり来たりしながら朝を迎えます。朝立ちがおきているのは、レム睡眠の時だとといわれています。レムとノンレム睡眠はおよそ、90分サイクルで入れ替わるので、レム睡眠は一晩に3回~6回あるということになります。つまり男性は、一晩のうちに3~6回勃起してるわけです。

この、寝ている間のの勃起は「夜間睡眠時勃起」と呼ばれます。
なんのためにあるかというと、メンテナンスとチェックです。

定期的にペニスの海綿体に新鮮な血液を送り込み、勃起力をチェックするという生理現象。通常の勃起と違って性的・物理的な刺激を必要ありません。海綿体に血液を送り込んで筋肉の柔軟性を保ち、男性が正常な生殖活動を行うためのメンテナンスと練習を兼ねて、勃起力をキープできるようチェックする仕組みなのです。


一方、いわゆる勃起というのは性的興奮や物理的刺激によって起こります。「夜立ち」とも言われますが、性交を行って女性器に精液を放出することを目的としてます。夜立ちは、何かの刺激がなければ起こりません。朝立ちとの大きな違いですね。どちらも「勃起」と言ってますが、「朝」と「夜」とではメカニズム・目的が全然別なのです。夜立ちの予備訓練として朝立ちがある、という位置づけでしょうか。


■ 朝立ち回数が減少するとEDがやってくる?


さて、何度も言ってますが、朝立ちとEDは別の現象です。「朝立ちしないからED」という直接な関係とhなりません。朝立ちしていてもEDの場合もありますし、その逆もあります。

EDという現象は、何らかの理由で勃起力が不足して性交が十分に行えない状態をいいます。朝立ちしていても、マスターベーション正常でも、性行為は別ものです。セックスの時に途中で萎えてしまったり、いざという時に十分に勃起しないといった、性行為があればEDである。そのように診断されることがあります。

そうは言っても、朝立ち完全に無関係と言い切れないケースがあります。
EDのシグナルとなる場合もあるのです。

勃起は、ペニスの中にはりめぐらされた毛細血管に血流が大量に流れ込むことで起こります。血管は目的によって太かったり細かったりするものですが、ペニスにある血管は最も細いといわれています。そのため、動脈硬化などの生活習慣病が進んだ影響は、ペニスの血管に真っ先に現れます。病気の結果、血流が悪くなって勃起しづらくなるのです。

「勃起力は健康のバロメーター」

という考え方が成り立つのはこうしたことによるのです。ペニスの血管がつまると、当然ながら朝立ちもしづらくなります。男性の健康をはかる目安となりうる分けですね。ただしこれは、H勃起でなく夜間睡眠時勃起が起きているかどうかが判断基準。寝ている間に勃起しているかどうかが重要です。

最後に。

朝立ちからEDを判定できるのが「心因性ED」です。朝立ちはする。でもセックスではうまくいかない。この原因は、ストレスやプレッシャーなどの精神的な問題でセックスできなくなっている状態です。20~30代男性の間で心因性EDが急増しており、自力で治すことができない場合も少なくありません。こういうことも、草食系男性と呼ばれる人が急増してる原因なのかもしれません。EDが先か草食が先か、よくわかりませんが。

自分で回復できそうにないのなら、下手なサプリに頼る前に、医療機関で相談してみるとよいでしょう。



共通テーマ:恋愛・結婚

朝立ちとEDとの関係 [EDの原因]

■ 朝立ちとEDとの関係


夜間の勃起はなぜおこる?

男性器が勃起するメカニズムは、「EDになってしまう原因」の中でなんどもお話しました。

かいつまんで言いますね。

 性的刺激を受けると、脳の命令によって、ペニスの血管「陰茎動脈」が緩まり血液が大量にペニスに流れ込みます。こうして勃起したところで、今度は、陰茎静脈から血液が流出できないようし、勃起を維持します。

さて、勃起は起きているときだけにおこるとは限りません。寝ている時間にも、男性器は勃起するのです。それがおこる時間帯がレム睡眠。

人の睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。レム睡眠は、夢を見やすい睡眠と言われておりますが、この睡眠中に陰茎が勃起するのが、夜間勃起現象です。詳しい機序は不明とされます。

高齢になれば、ノンレム睡眠時にも生じると言われてますが、夜間勃起のほとんどは、睡眠中のレム期に同調して発生します。いずれにしても、正常な身体に発生する生理現象の一つ。夜ふと目覚めたら、陰茎が怒張していたという経験は、男性なら誰もが経験するところです。あらたまった性的刺激は必要ありません。エッチな夢を見ていた等関係なく、レム睡眠に一致して生じます。

このレム睡眠の間は、夢を見ることが多いといわれます。生理的勃起と性的な夢がクロスオーバーすると、夢精することがあります。これを「夜間遺精」といいます。

ところで、一晩あたりに勃起する回数は年令でも変わります。
たとえば青年期男性であれば、およそ90分程度の周期でおこります。1夜で3~6回くらい、1回あたりの時間は数十分程度といいます。個人的な経験からいえば、無意識の勃起のほうが、時間が長いきがしますね。


・朝立ち(朝勃ち)

男性の朝立ちも、夜間勃起と同様のメカニズムでおこると考えられます。
レム睡眠は、朝方にかけて延長していくものということから、レム睡眠の状態から眼を覚ますのが普通です。このときに勃起している状態を「朝立ち」というわかです。

そういうことなので、ノンレム睡眠から起床した場合には、朝立ちは認められません。
毎朝、必ず朝立ちがある保障はありません。しばらく朝立ちがないからといって、EDとは限りません。夜間勃起現象が、起きる前に終わってしまっていることもよくあります。いちいちの心配は不要です。

ちなみに、男性のペニスにあたる「女性のクリトリス」にも同じ理由で、朝立ち・朝勃ちがおこります。男性同様に、性的な興奮とは無関係です。



朝立ちがないからEDとは限らないといいましたが、逆説的に、この朝立ち(朝勃ち)が、EDの診断に役立つ場合もあります。

EDのメカニズムはいくつかありますが、陰茎海綿体・その血管・支配神経が障害を受ければ、朝立ち・朝勃ちが難しくなります。しかし、ユニークなことに、ED中であっても「器質性ED」だけは朝立ちち起こすことがあります。逆にいえば、朝立ち・朝勃ちがあるうちは「器質性ED」の可能性はゼロといえるのです。

「器質性ED」とは、「血管や神経の傷害」が原因となる中高年からこりやすいEDです。
年令や病気が原因なので、起きても寝ても、起たないものは起ちません。

寝ているときに勃起するというこは、精神的な負担から開放されている時間は、EDじゃなくなるということ。
眼が覚めているときに勃起しない場合のEDは、「心因性」ではないかと考えられるのです。


共通テーマ:恋愛・結婚

EDになってしまう原因 3 [EDの原因]

■ EDになってしまう原因 3

年齢的原因や精神的要因によって、引き起こされることの多いのでEDです。一般的にも、その2つのことが原因と考えられてます。

しかし、勃起を起こす手順が思いのほか複雑であるために、思わぬことが、勃起を妨げてしまうケースがあります。その一つが「薬」。特定の薬の影響によって、うまく勃たたなくなることがあるのです。

これを「薬剤性 ED」と呼びます。

なにかの疾患治療で内服している薬が原因で引き起こされるのが「薬剤性 ED」。薬の副作用が原因で起きてしまうEDのことです。年齢的にはまだ若い世代にもかかわらず、抗うつ薬・向精神薬・睡眠薬を服用している。高血圧をおさえる降圧剤を服用している。こうしたことに該当する人がEDなのであれば、薬剤性EDの疑いがあります。

ではどのような薬が薬剤性EDになりやすいのでしょうか?

これについてはカンタンで、日本性機能学会が監修する【ED 診療ガイドライン】には、「ED を引き起こす可能性のある薬剤」として掲載されています。分類的には、降圧剤・抗うつ剤・抗精神病剤・睡眠剤・抗潰瘍剤などです。

■ ED を引き起こす可能性のある薬剤 例

降圧剤
 サイアザイド系利尿剤・ループ利尿剤・K 保持性利尿剤
 中枢交感神経抑制剤・末梢性交感神経抑制剤・血管拡張剤
 α 遮断剤・αβ 遮断剤・β 遮断剤・Ca 拮抗剤・ACE 阻害剤
 アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤

抗うつ剤
 三環系抗うつ剤・SSRI

抗精神病剤
 フェノチアジン系・スルピリドなど

抗てんかん剤
 イミノスチルベン系

睡眠剤
 パルピツール酸系

抗潰瘍剤
 H2 受容体拮抗剤・抗ドパミン剤・スルピリド

抗男性ホルモン剤

抗アンドロゲン剤
 LH-RH アナログ

脂質異常症治療剤
 スタチン系
 フィブラート系


特に多いのは抗うつ薬や向精神薬ですが、EDの副作用があることを、添付文書に明記されていないのがほとんどです。そのために、精神科・心療内科で処方を受ける際にも、EDの副作用を教える医師が少ないようです。うつ病などの精神疾患は、精神的に弱っているので、性行為を試みる人は少ないものです。生活上、たいした問題にならないと、医師が思い込んでいるのなら勘違いもはなはだしいと思います。

「薬剤性 ED」は薬の成分が原因なので、服用している薬剤を変更してもらうだけで、EDが改善に向かう人もいます。該当する病気や処方薬を確かめて、医師に相談する価値は十分にあります。

「薬剤性 ED」で恐いのは、症状を悪化させてしまうこと。

EDガイドラインにも書かれているのですが、多くのうつ病患者は、薬剤性ED のことを知りません。そのため、EDも心の病だと思い込んでしまい、病状をより悪化させてしまう危険があるのです。

あなたや、あなたのパートナーがEDであれば、飲んでいる薬の種類を、もう一度調べてみてください。かからなくてもよい病気で心を悩ますほど、ばかばかしいものはありませんので。


共通テーマ:恋愛・結婚

EDになってしまう原因 2 [EDの原因]

■ EDになってしまう原因 2


EDになってしまう原因はさまざまですが、よく言われるのが、気持ち的な問題です。
精神的なストレスが原因で、勃起がうまくできなるなのです。
そうしたEDのことを、「心因性 ED」と呼んでます。


「 ED? 中高年に多い症状でしょ? 若い自分には関係ないし」

そのようなイメージを持っている方は多いと思います。むしろ大多数は、そのように考えているでしょう。

ところが現実は過酷です。

20代や30代の若い世代であっても、中折れや勃起障害に悩んでいる方はとても多いのです。
そうした、若い人に多いのが「心因性 ED」。精神的なEDです。

身体には不調がない。それなのに、ここぞという時に勃起しない。したとしても頻繁に中折れしたりします。これは、身体の問題というよりも、仕事や家庭などの日常生活におけるストレスや、性交がうまくいかなかったことのトラウマなどの精神的ストレスが引き金となってしまうケースが多くを占めてます。


よりによって、奥さんから子作り宣言された日に限り、なぜかうまくいかない……という人もいますが、これも一種のストレスです。「今日だけはうまくやらなきゃ」という思いが強くですぎてプレッシャーとなり、大きなストレスになる。そうなると、神経に性的興奮がうまく伝えることができず、自分の意思とは裏腹に、勃起できなくなってしまうのです。

こうしたストレス・プレッシャーを抱えると、性的興奮が空回りします。神経を通してスムーズに陰茎に伝わりにくくなって、ED を引き起こします。


よくあるのパターンは…………

 経験が浅い10代後半~20台前半の若い男性の緊張
 仕事で忙しい子作り世代の30代~40代の男性

ほかにも、最近増えているのは、うつ病によるEDです。「性欲が出ない」とか「性行為が面倒」というのも、、この心因性 ED に分類することができます。


タグ:原因 ED genninn

共通テーマ:恋愛・結婚
EDの原因 ブログトップ