So-net無料ブログ作成

EDになってしまう原因 1 [EDの原因]

■ EDになってしまう原因 1


EDには原因があります。「起たなくなった」と漠然に愕然するのはやめて、そうなった原因を確かめましょう。
前回、おおきく3つの原因があるといいました。今回はそのうち「器質性 ED」について触れていきたいと思います。

器質性EDは、「血管や神経の傷害」が原因となって勃起しなくなる現象で、とくに中高年からの ED に多いEDといわれます。

器質性 ED は神経に障害がおこったり、血管の動脈硬化が進行してしまうことで起きてしまう ED のをいいます。「動脈硬化」というと糖尿病や狭心症を思い浮かべる人も多いでしょう。命にかかわる大きな病気の兆しともうけとれる、恐い疾患と思われがちですが、じつは多少なりとも誰にでも起こっていることなのです。

30歳を過ぎたころから、加齢と共に血管も老化してきます。弾力性が徐々に低下することが「動脈硬化」です。動脈硬化になると血管が十分に拡がらず、血の巡りが悪くなり、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まなくなります。じわりとED症状を自覚してくる方が出始めるのが30歳あたりからなのです。


すこし触れましたが、糖尿病の方は特に要注意です。
高血圧や高脂質症といった。生活習慣病にならない工夫が大切です。生活習慣病になってしまうと血管により多くの負担をかけてしまいます。それが原因となり動脈硬化の進行をより活発にしてしまうことも考えられます。

喫煙や過度の飲酒にも同様の危険性があります。もしも「 ED気味かも」と思うことがあるようなら、今日までの生活スタイルを振り返ってみましょう。悪習を見直して、できる範囲の生活習慣から変えていきましょう。


正常に勃起をするためには、神経の伝達がスムーズであることも重要です。
神経には、脳を含む中枢神経、脳と末梢をつなぐ脊髄神経、身体全体につながる末梢神経、があります。性的刺激を受けると、これら神経を通して「勃起せよ」と陰茎へ命令がくだります。しかし、神経に障害を受けているとそれが上手くいきません。せっかくの命令がうまく陰茎まで伝わらないので、EDとなってしまうのです。

神経系に異常をおこす可能性があるのは、病気による内的な要因と、外傷を起因とする原因があります。


内的要因
 糖尿病性神経症
 パーキンソン病
  ほか

外傷が原因
 脳出血や不慮の事故による脊髄の損傷
 前立腺肥大や前立腺がんの手術
  ほか


外傷の場合は、なんらかの圧力や障害または手術によって、外部からの力で神経を傷つけてしまうというケースです。不慮の事故は避けるのが難しいですが、糖尿病などは自己管理で避けることが可能です。EDにならないよう、食事や飲酒喫煙に注意して運動で身体を動かすことが大切です。


共通テーマ:恋愛・結婚